FXチャンス.com
オーストラリアドル
FXなどの為替トレードは意外に簡単な投資になります。特にFXを利用した外貨預金などは定期的に外貨を買い足していくだけなので、特に考えることはないです。オススメの外貨預金通貨としてはオーストラリアドルがあります。


オーストラリアドルは先進国にもかかわらず、高金利なので、安心して投資することができるのがメリットになります。FXを利用する場合は各FX会社によってスワップポイントが違うので、できるだけ高いところを選ぶのが会社選びのコツになります。

 
 
 



 
 
レバレッジ規制が無いという魅力

海外のFXは、国内と違って規制が緩くなっていますそのため国内のFXより利益を大幅に上げる可能性がある半面、損失も多くなる可能性があります。

入出金の方法から取引にかかわることまで色々と違いますので説明したいと思います。海外のFX最大の特徴は、レバレッジ規制が無いことです。

レバレッジとは、自分の掛け金を倍にすることで、少ない資金で注文できるようにする制度です。国内では25倍が最大値に指定されており、それ以上の倍率にすることは出来ません。以前は50倍まで可能でしたが規制が強化されました。

海外のFXにはレバレッジ規制が無いため、個人でも500倍以上の倍率を掛けることが出来ます。これによりさらに少ない資金でFXを始めることが出来ます。反面損失が大幅に増えるので、少しの損失が大損になることもあります。


hoirer
高いレバレッジで勝負したい投資家にとって、海外のFX業者を利用するのは最も有効的な手段の一つです。日本国内ではレバレッジ規制が敷かれた為に、海外FX業者に移行した投資家やトレーダーも多かったのですが、そこには大きな問題がありました。海外業者スプレッドが基本的に広めのため、それがネックとなっていたのです。しかし、業者間での価格競争が進む昨今では、低スプレッドを提供し、他社と差別化をはかる業者も登場してきました。Pepperstoneもこのような新しいスタイルで台頭してきた業者の一つです。

Pepperstoneはオーストラリアの業者で、その利点を活かせる豪ドルやNZドルのスプレッドに自信を持っています。そのスプレッドの狭さは他の業者より秀でたものがあります。豪ドル/円は、サイトの掲載値から見てみると1から2.2pipsとなっており、それ以外の通貨ペアも他の業者にはかなりの差をつけた、低スプレッドを提供しているといえます。この値ならば、日本国内の業者と比較しても引けをとらないのではないでしょうか。安定感のある優良通貨として取り扱われているオセアニア系通貨ですから、オーストラリアにあるPepperstoneがこれだけ低スプレッドで提供しているのは、かなり魅力的な点ではないでしょうか。
oiure
SmartOptionの取り引きはインターネットブラウザー上で行なわれます。そのため専用のツールをダウンロードする必要がなく、簡単に利用することが出来るのが特徴です。またパスワードをしっかりと控え、出来れば記憶しておくことで、どこからでもアクセスすることが出来ます。バイナリーオプションが非常に分かりやすいシンプルな作りになっているので、複雑なツールで混乱を招くこともありません。ログインした後すぐに、メイン画面に取引画面が表示されますので、タブで株式、為替、株価指数、商品を選択したあと、ハイロー、ワンタッチ、ノータッチを選択します。最後に投資金額を設定すると、オプション取引を始めることが出来ます。

このように、誰にでも見てすぐに使い方が理解できる作りになっているので、特に初心者の人気を集めています。SmartOptionは途中決済出来ないので、その点には注意が必要です。オプションを購入したら、満期時間までは何も出来ません。けれどGMOクリック証券などのバイナリーオプションとは違い、満期時間の5~15分前まで購入することが出来ますから、余裕を持って選択・購入することが出来ます。
hoiure
24オプションの取引プラットフォームは、ウェブブラウザ上で動くシステムを採用しています。ソフトウェアをダウンロードやインストールする必要がないので、パソコンとインターネット環境、そしてアカウント情報さえ持っていればどこからでも24オプションのサイトにアクセスすることで、バイナリーオプションの取引が可能です。

また24オプションではiPhoneやiPad、そしてアンドロイド用にそれぞれの専用アプリを提供しています。これらの利用も、もちろん無料です。パソコンを使うことができない環境やネット環境がない場合でも、これらのスマホアプリから、バイナリーオプション取引ができるので、昼休みなどのちょっとした休憩の時であっても簡単に取引を行えます。
oisure
トレードラッシュの強みはなんといってもそのお手軽さです。口座開設はフォームに必要事項を入力するだけの簡単なもので10分程度で完了してしまいます。日本の業者のように本人確認のために何度も書類をやりとりするといった煩雑な手続きは必要なく、口座開設して入金、すぐに取引開始と非常にスムーズです。またトレードラッシュのシステムはwebブラウザ上で作動するため、インストールの手間やPCとプログラムの相性に悩まされることもありません。ネット環境と機器があればどのような場所からでも取引に参加できるという強みもあります。

手軽とはいえ取り扱う銘柄はとても豊富で、ドルやユーロといった主要通貨はもちろんマイナー通貨のペアも提供しています。原油や穀物といった商品指数やダウなど各国の株式インデックスにも対応、有力な個別株も用意されており、自分の好みの銘柄で勝負することができます。

oiusrere
NRGバイナリーは2012年に英国ロンドンにて設立されたまだ新しいバイナリーオプションの業者です。新規業者ながら顧客維持率・顧客ボーナス獲得率No.1の称号を手にめざましいスピードでサービス拡大を行っており、ヨーロッパはもちろん中東や西アジアでも営業を行っています。

そんなNRGバイナリーが高い潜在力をもつ重要地域として捉えているのが東アジア、特に日本です。2013年には東アジアへの初進出先として日本を選びサービスを開始しました。

新参の企業ながら、他社のような制限を課さない良心的なボーナス設定と迅速な入出金によって続々と利用者を増やしている最中です。特に出金の早さは大切で、なんとなく取引を継続してしまい損失を増やすというありがちな展開を防ぐには重要なファクターです。この利用しやすさがNRGバイナリーの良さといえるのではないでしょうか。


なお法人口座の場合、国内でも200倍程度までは増やせます。日本国内にいても海外のFX口座を使うことが出来ます。レバレッジ規制を回避したい方がよく使っています。口座の申込み方法は国内と同じです。会社のホームページから口座を申し込み、審査が終われば口座番号が送られてきます。

国内口座と違う点は、入出金方法が全く違うことです。国内では、銀行から振り込むことで専用口座にお金を入れていました。海外のFXでは、クレジットカードを利用して入金します。カード会社から一時的にお金を借りることになると思ってください。ただ海外といっても日本の業者のように国内振込みに対応しているところハイローオーストラリアもあります。

入金の単位は日本円に対応しているものもあれば、ドルのみ対応しているところもあります。入金が終われば、あとはFXをするだけです。専用ツールは日本語に対応しているところが多いので、英語が読めなくても大丈夫でしょう。

出金手続きは従来通り行いますが、クレジットカードを通じて返金されることになります。カード会社にFX会社が手続きをするまでに時間が掛かります。すぐに戻ってくるわけではないことに気を付けてください。利益が出ていればその分は返ってきますが、損失しか残っていない場合はカード会社に支払うこととなります。

国内の会社と違い、とても少ないお金で始められるのが海外FXの特徴であり、最大の魅力です。最近は日本人が使うようになってきましたので、日本語にも対応しており、安心して取引できるようになりました。本当の意味での一発逆転が可能なのも海外FXだけです。上手く行けば1万円が100万まで増えることもあるからです。そんな一発逆転を狙ってみたい方、是非海外のFXを始めてみてはどうでしょうか。意外と簡単にできますよ。


兼業作家とは、作家活動とは別の仕事を持っている人のことを指します。

昔は兼業作家といえば、サラリーマンとして会社に勤務しながら作家として活動し、作家としての収入が安定したり名声が高まったらサラリーマンをやめて作家一本で生活していくというイメージでしたが、現在では少し状況が異なっているようです。

まず現代の兼業作家として代表的なのが「タレント・お笑い芸人との兼業」。
芥川賞まで受賞した又吉直樹さん以外にも、劇団ひとりさんや品川ヒロシさん、爆笑問題の太田光さんなどが有名。
このほか水島ヒロさんや押切もえさんなども小説を発表しています。

タレントやお笑い芸人が兼業作家として多数活躍している背景には、本が売れないという出版不況があります。タレントやお笑い芸人の場合には小説を書いて発表すると、テレビや新聞や雑誌などが取り上げてくれるため、出版社としては宣伝費がかかりません。

また、もともとのファンがすでについているのである程度本が売れるという利益を確保することができるのです。また、タレントやお笑い芸人以外で最近増えている兼業作家の職業は「医者」。
古くは渡辺淳一さんが医者と兼業していた時期もありますが、最近の人気作家では海堂尊さんや久坂部羊さんなどがあげられるでしょう。こちらのメリットはタレントの場合などと異なります。

医者との兼業のメリットは「専門知識」です。医者になるためには困難な国家試験を合格しなければいけないだけでなく、長い期間専門家として様々な経験を積む必要があります。
もし医療物の小説などを書きたいとしても。少し取材したぐらいではなかなかリアリティのある作品は作れません。

もし医者が作家になった場合には、すでに現場での経験や必要な知識が身についているため、兼業作家としては大きなメリットがあります。

一方、弁護士の場合には兼業作家は多くはありません。これは職業的に守秘義務などがあり、実際に経験したことをなかなか発表するというわけにはいかないせいでしょう。

最近の兼業作家で一番有名なのは、直木賞を受賞した朝井リョウさんでしょう。朝井リョウさんの場合には大学在学中に作家としてデビュー、その後、大手映画会社に就職しました。
三年後には退社したそうですが、朝井リョウさんの場合には就職活動での経験を小説にした「何者」で直木賞を受賞したことから、就職活動と就職の経験を作品に生かしたということが言えるでしょう。